スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
[韓国] G20見習い騎士育成システム Part3
騎士に遂行させる任務や訓練内容などのめも

#任務遂行とは?

*特別組騎士たちにさせることができる一種のクエスト形式で、クエストに表示された実行時間が経過すると、ミッションの成功、失敗を知らせる。成功すれば、成功報酬を完全に受け、失敗時は補償の一部のみ受ける。

*ミッションは、通常の任務と特殊任務に分けられ、特殊任務は、専用の使命と共​​通の任務に分けられる。共通の任務は、いくつかの騎士団を選択しても進行が可能ですが、専用の任務は、その騎士団のキャラクターのみ選択可能である。
*任務遂行の成功率が20%未満であるか、見習い騎士のストレスレベルが80を超えると実行することができない。ストレスが50を超えると、任務の成功率が減少する。

*一見習い騎士団ごとに任務のみ可能である。任務を複数騎士団が同時に進行することができません。


#特別育成任務掲示板

*キャラクター情報 - 特別団 - ミッション管理に入ると出てくる掲示板である。

ninmu.jpg


ninmu2.jpg
*一般的な任務
- 繰り返しが可能であり、その任務左の上の画像のようなアイコンをクリックすると、優先任務に変わる。ほとんどは共通の使命だ。

ninmu3.jpg
*特殊任務
- 繰り返し可能な任務とそうでない任務に分けられ、繰り返すことができない任務は好む任務で指定することができない。

ninmu4.jpg
*ご希望の任務
- 繰り返し可能な任務をクリックすると、優先任務に変わり、上記アイコンに変わった任務は、好ましくはタブで集め見ることができる。繰り返し不可能な任務は、好ましくは任務で指定することができない。

ninmu5.jpg
*共通の使命
- どのような騎士団でも関係なく実行することができる任務をいう。

*専用のミッション
- 特定の見習い騎士npcのみ実行することができる任務をいう。

*ミッション対象
- ミッション対象は、任務の成功率を示し、以下のステータスに応じて、各対象が対応されている。
神聖力:使徒、体力:一般的な、知力:歴史、モノ:技量、預言者:意志、人物:幸運
- ミッション対象に出てきた数値より低くても任務は進行可能であり、任務対象に出てきた数値に近いほど成功率が高くなる。任務の成功率は最大95%まで上げることができる。

*指揮レベル
- 指揮経験値を上げると指揮レベルが上がり、指揮レベルが高くなるほど、特別団団員も増やすことができ、より高い任務も指示することができる。指揮レベルを上げるとき、ユーザは、特定のレベルでステータスボーナスを得ることができる。
- 指揮レベル7から特別団団員2人、14レベルから3人まで迎え入れることができる。獲得することができる団員は最大3人である。

ninmu6.jpg

*ミッション確認
- 見習い騎士団の任務がどのよう残っているか、任務がどのようにされているかどうかを確認することができる。進行中のミッションを押すと、ミッションすぐに完了やミッションキャンセルなどを選択することができ、実行時間が終われば任務完了を押すことができる。
- 特別な参照情報を表示ボタンを押すと、現在の団員の状態を確認することができる。
- 残り時間の項目のチェックボックスをチェックする場合は、クエストアルリムチャンから任務完了までの残り時間を確認することができる。
(下の任務アラーム表示のチェックボックスをチェックを介して、この機能を使用するかどうかアンハルかを選択することができる。)
- ミッションすぐに完了を押すと、携帯電話を消費している任務をすぐに完了させることができる。現実時間35分ごとに525フォンが入る。現実時間1分あたり15フォン入ると考えてよい。
- 実行時間が現実時間で30秒以下で、残りの場合は、ミッションすぐに完了を押すことができない。



見習い騎士訓練
*見習い騎士訓練とは?

-ミッションを介して取得した訓練ポイントを消費して見習い騎士の能力をアップする方法である。見習い騎士たちの能力が高ければ高いほど、特別団任務の成功率も上昇する。
-訓練はエリン時間で一日(現実の36分)の間進行され訓練以来完了を押して見習い騎士の能力を上昇させることができる。

*見習い騎士たちの特技
- 見習い騎士は、それぞれの技術があり、この技術的な能力を訓練させる場合より良い結果を得る確率が高くなる。(能力上昇値1.5倍と推定、また見習い騎士たちとの外出も訓練時より良い結果を得る確率を高く作ってくれる。)

訓練の種類
ninmu7.jpg

ninmu8.jpg


part1からの見習い騎士育成システムまとめはとりあえずここで終わり

このシステムの基本的な流れ(超簡略ver)
まず見習い騎士との会話で好感度をあげ 自分の騎士団にいれる
騎士団にいれた騎士を任務に送って指揮レベルをあげたり、訓練をさせてステータスをあげたりしつつ報酬を貰う
指揮レベルをあげるほど困難な任務に送ることができるけど、困難な任務をこなすには騎士のステータスが大事

記事には書いてないけど騎士が負傷したら治療してやったり、ストレスが溜まったら外出させてストレス発散させたり
色々やる事多そう マビノギってこんなゲームだっけ・・・
まともに神聖武器作ろうとしたら数ヶ月単位でかかりそうな感じ・・・。
関連記事
スポンサーサイト
09/02 20:00 | G20 聖域の門 | CM:0 | TB:0 |  編集
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://319319.blog.fc2.com/tb.php/83-37f8c3f4
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 ちょぱ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。